ガチ板 5552


外部参加OK
書き込み、スレたて自由
管理人のガス抜きとして哲学めいた、議論めいた用途で書き込まれる事が多いが、下記に反しない限り用途は自由としている。

攻撃的な発言、他者を蔑む書き込みはルール違反とし、削除する可能性大。

板の形式変更につきお知らせ。新規スレッド作成フォームは最下部までスクロールするとある。

1 : 自由と権利(1)  2 : サザエさんなりきり議論スレ(8)  3 : 裁判スレ(12)  4 : 古舘モノマネ(3)  5 : 覚えておきたい言葉(3)  6 : 肩がぶつかったヤンキーのハイレベルな煽り文句をかんがえる(3)  7 : お久しぶりです(2)  8 : ビーガンの思想について(5)  9 : 利用規約について考える(1)  10 : 雑記スレ(5)  11 : 小説家になろう(5)  12 : 住民説明(2)  13 : いろんなツッコミ方を考える(1)  14 : イケてるしやばい男長島からのお知らせの追加項目を考えてみた。(1)  15 : 笑いポイントまとめ(2)  16 : 副業でお小遣い稼ぎ(2)  17 : サイトの理念を書いてみた(1)  18 : 蜘蛛ムカデBL(1)  19 : ハンドメイドワークス(1)  20 : 画像のサイズ(2)  21 : 久しぶりに今まで来てたチャットサイト漁ってるんだけど...(8)  22 : この世で最も泣けない歌(1)  23 : 人集め(3)  24 : 生きる意味と自殺者心理(3)  25 : めちゃくちゃ説明口調の浦島太郎(6)  26 : 無題(1)  27 : チャット(2)  28 : もしもゲーム実況者が浦島太郎を実況したら(1)  29 : チャット (6)  30 : チャット 22日にきます(2)  31 : エセラップしてみた(4)  32 : チャット Twitter(2)  33 : ふと...(3)  34 : 高野純次のお悩み相談(1)  35 : 文章で楽しむラップ(1)  36 : 慶応どころか大学どこも行ってない柴田洋太郎(2)  37 : プレバトの俳句の注意点まとめ(1)  38 : 慶応どころか大学どこも行ってない柴田洋太郎(4)  39 : 人は見た目で判断できる云々の水掛け論について(1)  40 : オリジナル辞書(2)  41 : 久しぶり(1)  42 : フリースレ(8)  43 : アイロニストが主役の物語(1)  44 : 読みづらい桃太郎(1)  45 : 滝沢カレンの文章をわかりやすくかつ、特有の詩的な表現を生かして翻訳してみた。(1)  46 : 雑記総合スレ(15)  47 : フリースタイルラップバトル風レスバトル(4)  48 : 食レポ風に説明してみた(1)  49 : 中二病ネタ(2)  50 : いろんな作品が紛れ込んだ千と千尋の神隠し(2)  
スレッド一覧はこちら
自由と権利
1 名前:あさがお太郎

2018/12/17 (Mon) 06:50:43

これといった主義主張を伝える意図はないが、少し思う事を書き込ませていただこう。

・自由の矛盾
人は誰しも自由を行使する権利を持っているとされる一方、時と場合によっては欲望を自制することに半強制的な考え方もある。
これは、自由の権利を行使することが、他者の権利を半ば強制的に剥奪している事があるからだ。
極端な例であれば、暴力や強盗がそれに当たる。一方の自由な欲望が、もう一方の行動の自由を奪っている。
お互いに自由を行使する場合、どちらをも納得させる万全策があるのであれば問題はないが、そうでない事や、その万全策を咄嗟に実現する事が不可能なケースが圧倒的である。
こうした場合、お互いが牽制していても事は解決に進まないため、どちらかが止むを得ず諦めざるを得ない。


・暴力や懇願は強要か?
これらは、言論上で「こうしろ、こうするべきだ」と強要の意思が表されているわけではないが、相手の「こうしたい」という意思に反する要求を、無理やりに押し付けていれば強要である。
暴力の場合、相手の自己防衛をする自由を剥奪して※、身体の自由を奪う事で行動の自由も剥奪している。
懇願もケースバイケースではあるものの、そもそもノーと言わせるつもりがなく、相手の意に反していても執拗に要求する行為は強要の定義を満たしていると言えるだろう。
また、これは曲解だ、こじつけだと言われるかもしれないが、懇願するという行為そのものが、相手を強制的に自分と向き合わせる事につながり、それが相手の意に反していれば強要と言える。
こじつけを始めればキリはなく、どこからどこまでが強要なのか適当な折り合いをつける必要があるようにも思えるが、こじつけであれ、あくまで論理的に導き出した結果なのであれば、それを理由なく無視する事が果たして正しい判断なのだろうかという疑問も湧いてくる。
この辺りは今後の課題として、提示しておこう。

※goo辞書による強要の定義に当てはめると、「要求」の意図がなければ相手の自由を剥奪していても強要と呼ぶことはできない。しかし要求の意図がなくても相手の行動を束縛している時点で自由を奪う行為である事に変わりはないので、「自由の権利」について考察する上で「要求」の意図の有無はさほど重要では無いのかもしれない。


・なぜ強要がいけない事なのか、なぜ自由であるべきなのか
誰しも自由の権利を持っていて、その権利を侵してはならないという漠然とした思想があるが、その論拠は一体何なのだろうか。
掘り下げていくと疑問が疑問を呼び、これこそが論拠だとはっきりと断言できる回答が浮かばない。
権利とは、ある自由を行使して良いという資格であると定義されている。
資格とは

1 あることを行うのに必要な、また、ふさわしい地位や立場。「理事の資格で出席する」
2 あることを行うために必要とされる条件。「税理士の資格を取る」
と定義されている。

上記は法的な側面での意味合いが強いが、いずれにせよ資格とは、人がなんらかの意図で他者の行動に善し悪しの判断を下し、許可を出すことで生まれる概念では無いだろうか。
つまり「権利がある」という状況は、しても良い、悪いと言った決断のできるなんらかの存在によって勝手に決められた概念である。

※曲解するなら「自由にすべきだ」という思想そのものが強制的であり、自由を侵しているとも捉えられるが、今回は目を閉じる。

そんな不確定な基準に基づいて決定された「自由」とは果たして厳守すべき決まりなのだろうか。との疑問が残る。


・自由の成り立ちについて思う事
俺はどうもこの自由や権利という概念が人間の感情や欲求に基づいた恣意的な産物であるように思える。例えばビー玉Aが転がり、重たいビー玉Bにあたって静止したとする。ビー玉Aは慣性の法則に基づいて進もうとしていたが、ビー玉Bにもまたその場に留まろうとする慣性の法則が働いている。この場合、ビー玉Aの自由がビー玉Bによって剥奪されたと捉えられるだろうか?
俺にはただただ自然現象としてビー玉が相互間で干渉し合っているようにしか思えない。
人間についても同じで、これをさらに複雑にした結果であると捉えられないだろうか。一方の欲求がもう片方と衝突した場合、お互いの間で反発が生まれ、その結果として意志の弱い、又は反発を好まない側が引き下がる。
あるいは、意志の強い側が強引に押しのけようとする。

ただし、我々はビー玉とは違って意図的に検討することができる意識という機能が備わっている。
互いの間で反発が生まれた時、自身にとって、あるいは大衆にとってより合理的な結果になるよう、それこそ法やマナーなどで強要する事で不利益を与える勢力からの被害を防ぐ事ができる。
多くの場合、多数派の方が勢力的に有利なため、多数派の利益を守るべく法やマナーが決められる。一方で、お互いの間で理解し合える手段を見つけ出す事に合理性を見出し、それを主張する勢力もある。
少し話が逸れたが、いずれにせよ自由や権利とは、様々な立場にある人間が、自身の感情や欲求に基づいて、それらを守るために作り上げた概念であると考えている。

そもそも、誰もが自由に行動できるような法則の元に世界が機能しているのだとすれば、自由を求める意見や自由という考え方そのものが存在しないはずである。なぜなら既に自由が実現しているのだから考える必要がないのだ。しかしながら、必ずしもそうはいかないのが自然的法則である。
降って欲しく無いときに雨は降り、地震は起こり、噴火は起こる。
人間もまた自然現象の産物の1つなのだから、それぞれが万全な形で機能することは不可能と言えるだろう。
しかしながら、我々に自我や感情という形で、幸・不幸という漠然としていながらもはっきりとしたメリット・デメリットを感じてしまう機能がある以上、極力デメリットを減らす方法を見出すことは重要だ。
その上で、「自由にすべき」という概念が足かせとなるなら撤廃するべきだし、合理的なら容認するべきなのではないかと考えている。

以上を踏まえて、自由、権利という言葉の恣意的側面を考慮した新たな定義づけをするとしたら次のような定義はどうだろう。

自由=他からの束縛を受けず、自分の思うままにふるまえること。(考えてみればこれは今まで通りで問題ない)
権利=なんらかの行動の自由を実現するため、そこに漠然とした正当性がある事を周囲に主張するための物。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:
サザエさんなりきり議論スレ
1 名前:磯野カツオ

2018/10/03 (Wed) 20:45:30

どうもこの板はいつもいつも盛り上がりにかけるんだよなあ〜
他の板は盛り上がってるのにうちだけ人気がないなんて理不尽じゃないかー
…そうだ、いいことを思いついたぞぅ〜(手を打ちながら)
あの国民的人気アニメ、サザエさんになりきるスレッドを立てよう!
ネエさんは顔だけは広いから、名前につられてみんなどしどし書き込んでくれるぞう〜くふふふふ

…てな訳で、ここは僕たち一家になりきって、サザエさんの中で一番アブノーマルな人は誰なのか議論してもらおうじゃないのさ!
ただなりきるだけじゃつまらないだろぅ?
だから僕たちの団欒とした雰囲気と対照的な議論を題材にすれば、きっと人気も出るんじゃないかと思ってね(人差し指を立てながら)

ちなみに僕はもちろんネエさんに一票入れるよ!
「む…何ですって!」
「げ、ネエさん!!」ドタドタ
「カツオ待ちなさーい!!」


2 名前:マスオ

2018/10/03 (Wed) 20:52:12

僕はアナゴくんに一票入れるよぅ
みんなも知っての通り、彼のたらこ唇は常人のそれとは次元が違うんだぁ
あ、このことはアナゴくんには内緒だぞぅ
長年付き添った友人を、こんなところで失いたくないからねぇ〜っ

さあ、みんなもどんどん書き込むといいよぅ〜
上手なモノマネで、僕に「びゃああうまい〜!」と言わせてくれるのを期待してるからねー

3 名前:磯野波平

2018/10/11 (Thu) 18:02:00

友人をダシにするとはけしからん。
普段は言わないで置いたが、ワシはマスオくんに一票入れるよ。
いつもいつも表面だけのおべっかを使いおって。ワシが気づかんとでも思ったのか。
マスオ君がどれだけまともか調べるために、付き合い始めたと聞いて以来サザエに妙な髪型をさせてみたが、いつまでたっても君は突っ込まん。
始めは気を使って言わないだけかとも思ったが、どうやら君は本当にあの髪型を気に入ってるようだ。全く…君がサザエの旦那だと思うと頭がいたい。

なーにが「びゃあうまいと言わせろ」だ。
それでうまいことを言ったつもりなのかね。
君のいうことには一理もない。

4 名前:マスオ

2018/10/11 (Thu) 18:20:59

おやおや〜、お父さんん
ついに本性を現したんですねぇ〜。
言っておきますが、僕もお父さんには前々から募る不満があったんですよ〜

>サザエに妙な髪型をさせてみたが
ええぇえ??正気かぃい?
そんな後付けを僕が信じるとでも思ったのかいぃ?
お父さんの判断力にはいつも脱帽(ワラ)しますけど、今回はとびっきりですよ〜!
むしろ、それが本当ならお父さんの異常さが浮き彫りになりますしね〜
なんたって、実の娘にそんなひどいことをしてるんですから。
自分で自分の首を絞める気分はどうなんだいぃ^_^
ま、せいぜいご丁寧に残されたその頭頂部の毛が物語るように、未練がましく僕に食い下がるといいんじゃないですかぁ。

5 名前:タラオ

2018/10/11 (Thu) 18:25:45

パパはママの髪型が嫌いですか?

6 名前:マスオ

2018/10/11 (Thu) 18:28:59

やあ〜タラちゃん〜
見苦しいところをみせてしまったようだねぇえ
ママの髪型は僕も大好きだよぉ。
さああっちでママと遊んでこようか〜。

7 名前:タラオ

2018/10/11 (Thu) 18:42:46

ほんと見苦しいですぅwww
>実の娘にそんなひどいことを
パパは「大好きな髪型」のはずなのになんでそれを「ひどい事」なんて言ってるデスかwww
答えは簡単デス、ほんとは内心ダッサい髪型って思ってるんデスよね!ww
そうやってうわべだけを取り繕っていいカッコーするのがパパの本性なんデスよねよくわかったデスぼくも見習うデスwww

>ママの髪型は僕も大好き
僕”も“ってなんデスかwww
勝手に同類だとみなさないで欲しいデス妄想癖でもあるデスかwww
学校でもばかにされます早くどうにかして欲しいけど、上部パパのせいでいつまでたってもママがあの髪型から卒業できないデスー!!

8 名前:マスオ

2018/10/13 (Sat) 03:55:42

おや〜タラちゃんなかなかやるじゃないかぁ〜随分と言うようになったんだねえ
でもやっぱり人生経験の分、パパの方がはるかに上だったよ〜
使いたての脳じゃ、所詮その程度の回答しかひねり出せないんだもんね〜
ほら、思慮の浅いお子ちゃまは余計なことを喋らないようにおしゃぶりでお口に栓でもしておいたらどうだいぃ?

>パパは「大好きな髪型」のはずなのになんでそれを「ひどい事」なんて言ってるデスかwww
はははー甘いなあタラちゃんは(笑)
僕の「酷いこと」と言う発言は、チリメンジャコジジイがあの髪型を妙な髪型と感じていてやらせている事について向けた物なんだ〜
だから、ヨダレタラちゃんの指摘は的を外すどころかどこにも刺さらず落っこちちゃってるよお〜ww

>僕もってなんデスかwww
いいかいぃ?僕はタラちゃんを同類だと思っているから「も」と言う表現を使ったわけじゃないんだよ〜
僕の同僚にサザエの髪型を褒めてくれる人がいてね〜
彼のことを含めて「僕も」と表現したんだよお〜
どこにもタラちゃんを同類とみなしたなんて書いちゃいないのに、「同類だとみなさないで欲しいです」だなんて…おっかしいなあ〜妄想癖でもあるのかいぃい?ww

>上部パパのせいでいつまでたってもママがあの髪型から卒業できないデスー!!
まいったなぁ…僕のせいにされても困るよ〜^-^;
そもそも発端はあのチリメンジャコジジイな訳だし、美容院に行くのはサザエ本人だし、僕は一切関与していないよ〜、僕のどこに責任があると言うんだいぃ?

見よう見まねで反論したものの、引用部分以外全てなんの意味もなしていないようだったねえ〜
弱ったぞ。。。息子がこんなに低レベルだなんて、僕の品性が疑われるじゃないかあ。。。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:
裁判スレ
1 名前:朝顔

2018/09/17 (Mon) 19:40:37

さて、こちらのスレでは身の回りで起こりうる様々な意見の衝突、人間関係のもつれについて議論、検討し合いながらどちら側に非があるのか判定しよう。

あくまでも議論を娯楽として楽しむことを最優先とし、相手の立場を尊重した態度で接すること。攻撃的な発言・煽り・荒らし行為の一切を禁じます。

2 名前:Silsa

2018/09/18 (Tue) 01:55:24

これ面白そう!!だけど議題が思いつかない!!w

3 名前:朝顔

2018/09/24 (Mon) 01:29:52

ちょっとばかり趣旨がずれているかもしれないが
「怠惰にしているつもりはない」
と発言した夫
妻が「あんた、怠惰の意味を知ってるの?」
と突っ込むと、「よく知らない」と答えた。
「怠惰の意味をよく知らないのに、”怠惰にしているつもりはない“と宣言することに矛盾を感じる」と妻が反論した

さて夫は矛盾しているのでしょうか

4 名前:朝顔

2018/09/24 (Mon) 01:42:11

ついでによくある浦島太郎問題
浦島は助けた亀にお礼にと言われ竜宮城へ連れて行かれた。
そこで少しの間宴を楽しみ「開けてはならない」と忠告を受け玉手箱をもらった。
自宅に戻ってみると、そこはすでに何十年という月日が過ぎていて、知り合いは皆死んでしまっていた。

乙姫へ判決を下そう

5 名前:Silsa

2018/09/25 (Tue) 03:40:40

怠惰のやつは屁理屈って捉えられるのかな?
働いてる人がいてその人が怠惰の意味知らなければ全て怠惰になる
逆に怠け者が怠惰の意味を知ってたら、勤勉の意味を知ってるから働き者だ!って主張は正しい!ってなるからねー

乙姫は個人的に無罪かな プレゼントをもらった時点で所有者は浦島太郎になるわけで、ましてやそこで「開けてはならない」との忠告を受けてる プレゼントはもらったんだから開けるもの!ってのは人の勝手な解釈になるわけだから完全に浦島太郎が悪くなる気がする
違うかもしれないけど おしちゃいけない!って書いてるものを押して、押しちゃいけない物を押しやすい場所に設置するな!!!って言ってるようなもんと思う
玉手箱の場合じゃあはなんであげるの???って思うけど、まあ恩が恩で帰って来るとは限らないよ!って意味かもしれないし 宝なんてないって現実を突きつけるものかもしれないので
よって乙姫は無罪と思います

6 名前:朝顔

2018/09/26 (Wed) 20:28:57

問題点を提示する
・怠惰について
妻の主張は、怠惰という言葉の意味を知らないにもかかわらず、怠惰のつもりはない、とあたかも怠惰の意味を知っているかのような言い回しについて言及しているものだ。
怠惰の意味を知らなければ、今の自分が怠惰なのかどうか判断しようがない。それでありながら「怠惰のつもりはない」と断言する行為を矛盾と捉えている。


・乙姫について
次の点を考慮したい。
乙姫は相手にとってデメリットでしかない玉手箱を、中身を知っていて渡している。
忠告はしているものの、それが相手にとって何ら特にならないものであることは確かだ。
さらに、図らずとも何らかの拍子で空いてしまう可能性もあり、いわば詳細を伝えないまま爆弾を渡すようなものである。

また、お礼と称して竜宮城へ招待したにもかかわらず、戻ると年月が大きく過ぎているという迷惑極まりない現象に巻き込んでいること。
この現象についてあらかじめ乙姫が認知していたのか否かによって判決が別れるだろう。
また、認知していたとしてもそういった時間のズレが、乙姫にとってはさほど問題ではないのであれば価値観のズレと言える。

7 名前:朝顔

2018/09/26 (Wed) 20:44:53

玉手箱の効果は、「現実世界での実年齢に戻す」という効果なのではないだろうか。
そして玉手箱を開けてはならないと発言した乙姫は、玉手箱の効果を知っていたと推測される。
となると、竜宮城と現実世界との時間のズレについても知っていた可能性が高い。
それでいて浦島にそのことを伝えていない。
しかし、もともとお礼と称し竜宮城に案内したのは乙姫ではなく亀だ。
時間のズレに関する罪は亀にあると判断する。

8 名前:朝顔

2018/09/26 (Wed) 21:04:52

浦島太郎の物語が諸説あるため次のストーリーを議題とする。

昔々、浦島太郎という男が釣りをしに海岸へ来ていた。
すると亀をいじめる子供達を見つけた。
浦島太郎は子供達を注意し、亀を助けた。
すると亀が浦島へ提案する。
「助けていただいてありがとうございます。お礼として竜宮城へ案内しましょう」
竜宮城へ連れて行かれた桃太郎は、亀と乙姫のはからいによって三日三晩宴に盛り上がった。
しばらくすると、家が恋しくなり「そろそろ帰ります」と伝える。
すると乙姫から「決して開けてはなりません」と忠告を受け玉手箱を授かる。
元住んでいた村に戻ると、そこに家はなく景色も大きく変わってしまっていた。
身内もとっくに死んでいて、帰る当てもなく気落ちした浦島太郎は宝箱を開けてみた。
するとたちまち煙が吹き出し、浦島太郎は老人の姿へと変わってしまった。



日本昔ばなしではこれとは少し違っていて、ある日浦島が子亀を助け、それからしばらく年月が経ったある日成長した亀がやって来てお礼にと竜宮城へ連れて行ったり、玉手箱を渡す時に乙姫は「開けるな」じゃなくて「辛くなったらこれを開けてください」と言っていたり。
さらに原作では浦島が亀を助けてすらなかったという。
だから先に書いたよく知られているストーリーは、いろいろな脚色が加わっていて混沌としているためメッセージ性なんてものはないのかもしれない。

9 名前:朝顔

2018/10/07 (Sun) 17:44:34

新しい話題投下しとく。

とあるフリー音楽を紹介する動画があった。
よく使われているフリー音楽のフルバージョンを紹介している動画サイトだ。
もちろん、フリー音楽なので著作権の問題、その他違法性はない。
その動画に寄せられたコメントに次のようなやり取りがあった。

Aさん「この動画に低評価をつける意味がわからないんだが」
Bさん「低評価をつけるくらい別にいいじゃないですか、そんなことにとやかく言う意味がわかりません」

Aさんは「低評価がつけられる理由」についてコメントしている。
しかしBさんは、それを「低評価をつけてはならない」と主張しているように解釈してしまった。

たしかに、「意味がわからない」と言う言い回しを用いて、対象を批判する表現は多々用いられているため、この文章からBさんのような解釈ができないわけではない。
しかし、それは的外れであることに変わりはない。
一方、Aさんも表現の工夫をこなせばこのような誤解を防ぐことは可能である。

さて、どちらに非があるだろうか。

10 名前:朝顔

2018/10/07 (Sun) 18:27:41

Bに落ち度があると判断する。

文章とはあくまで文面上で文法的に表現されていることを読解するのがメインディッシュな使われ方だ。それに味付けをするため、副次的に備わっているのがニュアンスである。
しかし、ニュアンスはシチュエーションや感覚の違いによって異なる曖昧な存在であり、正確な意思を伝えるには不向きである。
よって、ニュアンスで判断することは、「推測」にすぎない場合が多々ある。
主題も例にもれず、Bによる推測である。
推測でありながら、断定的に反論を呈したBの早合点がBの落ち度たる所以である。

またAの発言は、早計な者にとって誤解の生まれる発言にすぎず、誤りは存在しない。
言葉選びとして誤りのない表現であるにもかかわらず、Bのような解釈ができてしまうというのは、日本語特有の難点であり、Aの落ち度とは言い難い。
誤りのない表現をこなせているにもかかわらず、Aに誤解を生まないような完全無欠な文章表現力を求めるというのは高望みである。そのような力をAに求めるのであれば、Bにも同様に理解力が求められるべきである。

また、動画内容は商品レビューや実況など、投稿主の失言が影響するような類ではない。
不快感を煽るような曲でもなく、下手くそな音楽を流しているわけでもないごく普通の音楽動画であり、違法性もない。
そんな動画で低評価をつける理由に疑問を抱くことに何ら不自然な点はない。
そこからおおよそ、Aの意図が低評価に対する「疑問」であることは推察できる。
このように、Bの推測を覆す推測が可能でありながら、ニュアンスのみで判断し、曖昧な状態で断定的な反論を呈したBに落ち度があると言える。

11 名前:Silsa

2018/10/11 (Thu) 04:48:14

俺も結構低評価とかバッドボタン?とかマイナス要素のあるボタンなんでつけるんやろとか思うけど
これはAさんが正しいよね
なんか浦島太郎もこのabさんの話もそうだけど思い込みというか 世間的に!一般的にこれはおかしいだろって思ってもルールがそうならそれに従わないといけないから
低評価ボタンがある以上 それを押しても構わないし 投稿者も低評価の数でこれは客観的にあんまり面白くない動画なんだなと思ってより動画の質があげようと思うし
一概には低評価がダメってわけでもないよね
例えば違う話かもしれないけど 真夜中の全く車の通らない道路の赤信号は無視してもいいのか?みたいな感じに似てると思う
モラルというか世間的にそこは無視しても誰もいないんだしって思うかもしれないけど 
警察にそこを指摘されたら罪になっちゃうし
文書いてたら何が言いたいかわからなくなってきたw

12 名前:朝顔

2018/10/11 (Thu) 17:42:22


>文書いてたら何が言いたいかわからなくなってきたw
わかる。
頭の中で思案するのとそれを文字に起こしながら行うのとでは、使う脳の種類が違うのかやけに主軸がブレやすい。

とりあえずSilsaさんの意見をまとめるとこんな所だろうか。

・動画に低評価機能が設備されている理由がわからない。
・しかし、それは動画の質を向上させる、あるいは前もって判断するために必要だと考えられる。
・一般に、公に決められたルールには従うべきとされているため、低評価ボタンが設備されている以上、それを利用することは間違っていない。

この解釈でいいかな?

少し不明な箇所について質問させていただく。

>これはAさんが正しいよね。
とあるが、Silsaさんの説明はどちらかと言えばBさん側に近いとお見受けした。
これは、「この件に関してはAさんが正しいが、Bさんの考えそのものは間違いではない」という旨だろうか。

続いて主題の再確認をする。
Aは、低評価機能、および低評価を下すユーザーに対して“異論を唱えているわけではない”。
動画に低評価を下す「理由」について純粋に疑問を抱いているのである。
対するBは、Aの書き込みを勘違いし、「低評価に異論を唱えている」と解釈した。
確かにAの書き込みである「低評価をつける意味がわからない」は、低評価に異論を唱えている文章のようにも捉えられる。
しかしながらその捉え方は、文章のニュアンスを漠然と感じ取っただけにすぎない。
ここで重要となるポイントは、「Aの文をニュアンスで漠然と感じ取り、誤った解釈のまま反論を呈しているBに妥当性はあるのか」である。
また「Aの文章表現に落ち度はあるのか」である。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:
古舘モノマネ
1 名前:朝顔

2018/09/02 (Sun) 19:02:16

あの実況会を揺るがせたと言われる伝説の男、その熟練された言葉さばきを今一度この掲示板に呼び起す時がやってきた!もちろんその名は古舘伊知郎!
さあ、今古舘の実況魂をその身に宿し一心同体で言葉を紡いで行く!伝説の実況を完全無欠に蘇らせるのは一体誰なのかー!

要はなんでもいいんで古舘っぽく実況するスレである

2 名前:朝顔

2018/09/02 (Sun) 19:43:54

ゴキブリ
さあ…今タンスの裏側から悠々と現れた黒い影。
重厚な漆黒を纏ったメタリックなボディ、しかし重厚でありながらその軽快なステップによって繰り出されるスピードはまさしくレーシングカー!
イニシャルはG、その名はもちろんゴキブリだー!
そして今、エンジンをかけてスタートの火蓋を切って落とそうとしています。
おおっと、ここで現れたのはこの家の亭主!虫が大の苦手という彼の形相はまさしく仁王。
決して逃しはしないと言わんばかりの剥き出しの闘志に、今後の展開に一層期待が高まってゆく!
そして今、亭主がひっしと新聞紙を握りしめ、ついに戦いの幕開けを知らせた!!
おおっと幕開け早々にスタートダッシュを決めたのはゴキブリだ!続いて亭主が後を追う!
自らの数百倍、数千倍はあろうかという人間をものともしないスピードで亭主の周囲を縦横無尽に駆け抜ける!!
しかし亭主も負けてはいません!高校時代は剣道部のエース、全国大会への出場を果たした彼の動体視力は伊達じゃない!
不規則なステップで翻弄するゴキブリの動作をじっと構えながらもしっかりと目で補足して行く!


おっとここで不測の事態!!筆者の夕食の時間だあああ

3 名前:朝顔

2018/09/03 (Mon) 00:22:48


https://www.youtube.com/watch?v=Ja6DunK1lm4
これを実況すっぞ!!


さあ今大地に火花を走らせまばゆい電光石火のごとく駆け抜けるは、二匹の犬
そして一方はなんとうさぎだ!うさぎが二匹の犬を相手に壮絶なカーチェイスを繰り広げております!おっと間合いを詰められたか、いや無事に回避
二頭の犬を相手にその戦況は五分と五分、小柄な草食動物と侮ってはいけない!
山椒は小粒でもピリリと辛いのであります!
おっと再び間合いを詰められた!しかし危なげなくこれを回避!
スピードでは若干遅れをとっておりますがそれを補って余りある身のこなし、その小さな体に備えられたエンジンはいったいどれほどの爆発力を秘めているのか!
二頭の犬も負けちゃいられない!全身全霊をかけ必死に食らいつく!
しかし巧みなステップさばきで二頭の間を縫うようにかけ抜ける!
おっとうさぎを見失ったか!うさぎの素早い身のこなしに翻弄され続ける犬!
狩猟のプロとしての意地を守り通せるのか!なんとか再び追いついた!
しかしうさぎの忍者のごとき縦横無尽な走行技術にその姿を視界に収めるのがやっとといったところであります!
優雅に乗馬を楽しむサラブレッドを横目に凄まじいカーチェイスが繰り広げられている!
ジグザグと大地を駆け抜ける小さくも力強い電光石火はその勢いを一向に落とす気配がありません!

疲れたんでここまで

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:
覚えておきたい言葉
1 名前:朝顔

2018/09/02 (Sun) 21:22:06

文章表現の幅を広げるべく少しでも語彙を増やし、それらに馴染もうというスレッドだ。
馴染みのない語句、慣用句、ことわざ、外来語などなどを自由に列挙し、それらを使用し文章に起こすことで身体に染み込ませるのだ。

2 名前:朝顔

2018/09/02 (Sun) 21:40:59

あ、ちなみに普段よく耳にはするものの実用することの少ないワードでもok
あるいは言い回しでもokとするか

紆余曲折(うよきょくせつ)
→遠まわりで曲がりくねっていること。 「―した道」
こみいった事情ですんなりいかずに、いろいろに変化すること。 「―を経てやっと解決した」

地獄の一丁目
→破壊にいたる第一歩。 また、非常に恐ろしい場所のたとえ。

烏合の衆
→「規律も統一もなく寄り集まった群衆や軍勢」という意味の言葉です。

急転直下
→事態が急転して、速やかに解決や結末に向かうこと。

勇猛果敢
→勇ましく強いさま、強い決断力をもって物事に取り組み推進するさまなどを意味する表現。


この手の四字熟語には特に言えることだが、その言葉が持つ意味やニュアンスを理解することもさることながら、言葉の響きにも注目したい。
勇猛果敢、急転直下、などの勢いや迫力のあるワードはそれに見合う場面で用いるとよりその効果を発揮する。
反対に、しっとりとした文章でありながらこの手の刺激の強いワードをチョイスしては文章としての質が下がる。
文章に見合う言葉選びは非常に重要である。

3 名前:朝顔

2018/09/02 (Sun) 22:05:43

別にお題を↑に限定する必要はないため各自自由な発想で書き込んでいただきたい。

さ、じゃあ先程のワードで作ってみるか。

人生はまさに紆余曲折。調子よく進んでいた物事も、調子に乗りすぎちゃあだめだ。
思わぬ落とし穴に足を踏み入れて、気がつきゃ地獄の一丁目。
そうなってから初めて自分の愚かさを振り返る。
あんなことをしなければ良かった、なぜあんなことをしたのだろう。
そんな後悔の渦に飲見込まれ、行き先を失ってしまうかもしれない。
しかし諦めるにはまだ早い。今こそ正念場なのだ。
自分の愚かさを知った今、新たな進歩への扉は遠くとも届かぬ距離ではなくなったのだから。
さあ、全身に力を込め勇猛果敢に立ち向かうのだ。今まで侵されていた烏合の衆からは手を引いて。
そうしてようやく扉にたどり着けば、あとは手をかけ開くだけだ。
そこからは急転直下。努力は今までの暗闇に満ちた世界をあっという間に切り開いてくれるはずだ。

と不良少年への教訓的な詩になったわけだ

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:
肩がぶつかったヤンキーのハイレベルな煽り文句をかんがえる
1 名前:レモンハート

2018/08/18 (Sat) 02:25:15

街中、あるいは路地裏で不本意にもガラの悪いあんちゃんとぶつかってしまった。
その時相手のヤンキーが放った煽り文句を皆さんで想像していただきたい。
勿論ありがちな、おうおうどこに目をつけてやがる、のような表現は避けていただいて、オリジナリティーとヤンキーとは思えぬハイレベルな煽りを追求しつつ共に思案しよう。

書き込みは自由です。ハイレベルな煽りとは言ったものの、それ以外は投稿するなという訳ではなく「思いついたら投稿」姿勢で構いません。

2 名前:レモンハート

2018/08/18 (Sat) 02:33:12

なあ、これだけ他に人がいてどうしてわざわざ俺にぶつかってきた訳?
まさか運命に引き寄せられるカップルがごとく俺とお前の間に何らかの運命的な糸があったんですかね?
悪いけどお前みたいなブスメンに興味ないんでそんな糸、その糸みてえに細いお前の体ごとひきちぎってやるよ。
数秒後には血に染まった赤い糸の出来上がりだな〜(ボキッボキッ

3 名前:レモンハート

2018/08/18 (Sat) 02:49:32

いてっ
あらららら〜こりゃびっくり
歩きスマホでもなければセクシー美女に気を取られていた訳でもないのに一体どうやればこんなヘマするんですかね??教えてくれません?
君の小汚い顔面に2つハマってるその目の玉は何のためにそこへあるのか考えたことってある?
豚に真珠、君に目玉ってことか〜?
なんか言ったらどうかな〜ねえねえ。
そうやって黙ってるってことはせっかく五体満足に備わっている口すらも出来の悪い脳みそのせいでまともに活躍の機会を得られていないって訳だ。へー。

じゃー俺がその無駄なモノを取り除いてあげるね〜(ボキボキ

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:
お久しぶりです
1 名前:朝倉 紫苑

2018/07/16 (Mon) 00:44:17

度々チャットに浮上してた紫苑と申しまする。まぁ、覚えてないかもしれないですが...私を知ってる方はなにか反応とかどうぞですー

2 名前:レモンハート

2018/08/02 (Thu) 00:57:53

お久しぶり!

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:
ビーガンの思想について
1 名前:レモンハート

2018/06/13 (Wed) 14:45:41

私は、ビーガンの思想の根本にあるのは、「論理的な正しさ」ではなく、感情論だと考えている。

我々は生命維持活動の上で必ず何らかの食物を摂取しなければならない。
その場合、肉か植物か、あるいはその両方、いずれかに選択を迫られるわけだが、何も両方を摂取しなければ生きていけないわけではない。
菜食のみでも、健康を害したり楽しみを少し失ったりといった“自己犠牲”を伴うが、生命維持そのものは可能なのだ。
また、動物は確定的に苦痛を知覚しているが、植物はその可能性が比較的少ない。
それらを考慮すると、植物のみで生活できる我々が、多くの動物へ苦痛を強いてまで肉食を選ぶ行為は、相手に対する迷惑行為と言える。
つまりビーガンの思想の根本は、自己犠牲を孕んででもそれを避けたいという「配慮」の気持ちの現れなのではないだろうか。
これは、マナーや礼儀といった人間社会を支えている理念と性質は同等である。
マナーや礼儀の中枢にあるのは、他者への配慮。
そのためには自己を律する必要がある。
自己を律するためには、自身の意思と反していようが如何なる欲求があろうが、それらを全て抑制しなければならず、その行為は自己犠牲とも呼べる。
つまり、度合いは違えど自己犠牲によって他者への配慮を施すという思想の仕組みにおいて、ビーガンのそれと何ら違わないのである。

たしかに、ビーガンが自身の主義を押し付けようとするその姿勢に嫌悪感を抱くのは、人間が感覚を有している生物である以上当然だろう。
だが、ビーガンが自身の主義を強要する行為の根本は、マナーや礼儀作法を他人へ強いる行為と何ら違わない。
それでありながら、「マナーや礼儀」は一般的に認知され、肯定され、時には強制されている一方で、菜食主義はまるで受け入れられていないのだ。
菜食主義を否定したり、彼らの強要行為を自身の行いと矛盾する事なく「主義を押し付けるな」と否定できるのは、これまで誰にもマナーや礼儀作法など「自己犠牲を孕む配慮」を強いたり、肯定したことの無い人物だけではなかろうか。

2 名前:レモンハート

2018/06/13 (Wed) 15:25:05

マナーとの共通点の問題以前に、「動物の意思に反し自身の欲のため食料となる事を強いている立場」を肯定している我々が、自身の主義を通したいという欲や、動物の生存欲求を代弁して菜食を強いろうとするビーガンを「個人の自由だから思想を強要するな」と否定するのはいささか都合の良い考えではないだろうか。

3 名前:レモンハート

2018/06/13 (Wed) 16:52:56

想定できる反論意見について説明したい。

●植物にも苦痛を感じることが可能という事実が明らかになった場合どうするのか。

その苦痛の度合いに応じて対応を変える、あるいはやむを得ない物として受け入れる。
苦痛の度合いが、植物の方が少ないのであれば依然として植物を選ぶが、動物と同等であるならば、やむを得ずどちらを食する事も受け入れるだろう。よほどの聖人であれば自殺も視野に入れるかもしれない。
だが、少なくともはっきりと証明されていない今現在は、可能性の低い植物を選択するに越したことはない。


●菜食を強要することで、動物にはいいが人間にとって不利益となるんじゃないか。

少なくとも食肉にされる動物よりはるかに不利益の度合いが少ないだろう。
一人当たりが食肉によって生涯に犠牲する動物の数は一匹にとどまらない。
それらを考慮すると少ないデメリットで多くのメリットを生み出していると言える。
全くどちらも不利益を被らない方法があるのであればもちろんその方法を選択するが、そうはいかない以上デメリットの少ない方を選ぶのは至極当然の事である。


●例えばビーガンが菜食を強要する様に、肉食も菜食もせず、自殺を選ぶ様な聖人から自殺を強要された場合どう対応するの。

従うか、拒否するかだろう。
しかし、拒否をするにしても自身の選択に正当性など主張しないし、相手の主張を否定することはできない。ただやるせない気持ちで断るよりない。
ただし、生涯で食するために犠牲となる植物の苦痛が、自身が自殺を選ぶ場合の苦痛より上回る場合に限る。植物が感じる苦痛の総量が自身の苦痛より下回るのであれば、自殺を選ぶのは合理的ではない。


●↑は、ビーガンの強要を拒否してはならないと言うスレッドの主張に矛盾しているのではないか

スレッドトップで述べた見解は、「強要に対して拒否をしてはならない」という物ではない。
「主義の強要を否定する場合、それが自身の思想に矛盾を生じさせているのではないか」という意味だ。「拒否する行為」を否定したわけではなく、「個人の自由を主張し、強要するなと否定する」という行動を否定しているにすぎず、上述した説明は矛盾にはならない。





4 名前:レモンハート

2018/06/13 (Wed) 17:17:26

ここから先は、論理的というより、倫理的な話になる。
倫理なんて知ったことかという方には関係のない話だが、日常的に倫理的考えを肯定している方には逃れられない話である。

食肉に関して、健康維持などのあくまで“不幸を避ける”目的のある肉の摂取に関してはまだ目を瞑ろう。
ただ、必要以上の肉を、自身が得をするためのみに摂取するのは、いわばいじめと原理は同じであるということを理解していただきたい。
いじめとは、自身が楽しい思いをするため、他人を傷つけることを厭わない連中が行う行為だ。
一般に、不幸を免れるためにやむを得ず他者を犠牲にする行為は黙認されているきらいがあるが、自身が良い思いをするために他者を犠牲にする行為は悪と称される対象だ。
必要以上の肉を摂取する行為も、それと全く同等である。
なぜか人間は、食べるためならば仕方がないと考えがちであるが、それは必要最低限の食事に限定した話ではないだろうか。
その幸せの裏には、犠牲となる家畜たちの大きな不幸が付きまとうのである。
いじめを否定する人が、必要以上の肉食を肯定するということは、自身の主張に矛盾を生じさせているという事に他ならないのだ。


5 名前:レモンハート

2018/06/29 (Fri) 17:52:21

よく目にする意見についてです。
ビーガン側が動物食より野菜食を勧める理由として「痛みを感じていないから」という言い分を展開すると、アンチが必ず指摘する「痛みがなければいいなら痛覚のない虫なら殺してもいいのか」という意見。
これはおかしな意見で、ビーガン側の主張は「痛覚のある動物とない植物“どちらかを選ぶとした場合“マシなのは痛覚のない植物だ」という事であり、痛覚の有無が命を殺める正当な理由へ繋がるなどとは主張していない。よって痛覚がなければ無闇に殺めて良いなどという話にはならない。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:
利用規約について考える
1 名前:レモンハート

2018/06/26 (Tue) 14:40:27

利用規約にて後述の表記をホームページ、ないし掲示板の専用ページに記載する予定です。
これらは全て、筆者の理想とする環境を実現するための規定となっております。
整合性を追求し、より矛盾のない規約を完成させるべく、問題点、改善案などのご指摘を頂ければ幸いです。
とはいえ、規約を守らない利用者はそもそも規約に目を通さず、従うつもりなどハナから持ち合わせていないため、この様な規約の存在意義自体怪しいと言えますが、まあここはひとつ、半分お遊び感覚でご協力お願いします。

前置きが長くなりましたが、規約は以下の通り。


・荒らしや煽りを禁止、又はそれらへ対する反応を禁止します。
・名前を連ねるためだけに入室をするような、放置目的の利用を禁止します。※例外あり
・挨拶は任意です。むしろ強要を禁止します。
・あらゆる事情にかかわらず、皆対等な立場として利用していただきます。
・敬語の利用は任意です。むしろ強要を禁止します。
・感情的な喧嘩を禁止します。冷静に論じ合う行為は許可します。

上記が現在の規約。
これについて追加事項を提案します。


・本項の全てにおいて、より合理的かつ整合性を取るため、変更・追加する可能性がございます。
(※これは、さほど大きな変更はしない事を匂わせるため、かつ変更の可能性をあらかじめ伝えるために追加する予定です。)

・本項は、チャットや掲示板を“利用者として”利用する場合に関する取り決めです。
(※管理人と利用者が対等である事を表明したにも関わらず、規約や設定を自由に変更できる管理人の立場が対等とは言い難いため、その矛盾を撤廃するべく上記を追加予定。)

・利用者とは、掲示板およびチャットを、管理目的以外で利用する方を示します。
(※管理人と利用者の区分をはっきりさせるためです。)


  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:
雑記スレ
1 名前:レモンハート

2018/06/15 (Fri) 09:55:44

ジャパネットのモノマネではないが、商品の紹介をして見た。

さあみなさん、今回紹介いたします商品はこちら。
卵穴あけ機!
みなさんご家庭でゆで卵を作られる機会ってありますよね。
そんな時、茹でている最中にひび割れしてしまうなんて経験をされた方も多いんじゃないでしょうか。
実はその原因、なかの空気が膨張することで殻を破ってしまうからなんです。
ですが、こちらの卵穴あけ機を使用すればそのお悩みも万事解決。
この円形の部分に卵を押し当てることで、内蔵されている針によって小さな穴を開けることが可能です。
これによって空気の通り道が生まれ、ひび割れを防止できるんです。
もちろん、軽く押し当てるだけできれいに穴が開くので、力が入りすぎてうっかり割ってしまう心配もございません。
さらに、こちらの円形部分を左にカチッと回せばなんとこの通りロックも可能なんです。
うっかり指なんかで触れてしまい刺さって怪我をする可能性を防げるので、安全性も充実しているというわけなんですね。
さらにさらに、本体に磁石が内蔵されているため、冷蔵庫などへ貼り付けておくことも可能なんです。
使い終わったら冷蔵庫などへパタリ。これでなくす心配もなく、収納の必要もございません。
そしてなんと言ってもこの可愛らしいフォルム。ただ貼り付けておくだけでなく、ちょっとした飾りとしても十分に効果を発揮するんですねー。
さあ気になるこちらの商品。
なんとお値段は、たったの108円。消費税込みでこのお値段です!

2 名前:レモンハート

2018/06/15 (Fri) 10:50:27

拝啓。

梅雨入りを間近に控えた今日この頃、彷徨する気温に負けることなくご清祥のことと存じ上げます。

突然ですが、白ヤギ様へお詫び申し上げなければならない非礼がございます。
先日お送り頂いたお手紙を、内容の確認を怠ったまま食してしまいました。
誠に申し訳ございませんでした。
大変ご無礼と承知の上でお願い申し上げますが、今一度、昨日と同様のお手紙をお送りしていただいてもよろしいでしょうか。

ご多用中恐縮ではございますが、ご返事をいただけると幸いです。

敬具。


イマイチ使いこなせないなあ

3 名前:レモンハート

2018/06/16 (Sat) 09:26:15

少し愚痴をこぼす。

☆2つの人種☆

●本心として善意からではないが、その行為が何者も犠牲にすることなく、悩める人たちを解決に導いている人。
●に対し、偽善者呼ばわりをするが、何もしていない人。

●裏表はあるが、裏の気持ちを表に出さないことで誰も傷つけていない人。
●裏表のないことを誇っている、ただただ性格の悪い人。

●努力によって成功して得た金の、ごく数パーセントだが寄付に使う人。
●↑に文句を垂れるが、貧乏を理由に寄付をしない人。

●マナーを守るが、さほど人の役に立っていない人。
●あまりマナーは守らないが、多くの人の役に立っている人。

●些細なことで罪悪感を覚え自己嫌悪に陥る人。
●自身には優れた才があると錯覚して、他人を蔑む人。

4 名前:レモンハート

2018/06/17 (Sun) 19:40:42

ジャン子は、入学初日から遅刻のピンチだった。急いで登校の支度を済ませ、足早に学校へ向かう。そして曲がり角に差し掛かった瞬間、人とぶつかってしまうのだった。
「ぶよん」というゆるい音とともにお互いが跳ね飛ぶ。
ジャン子の体はゴムのような弾力性のある皮膚でできているのだ。
「大丈夫ですか?…なるほど弾力性のある体によって衝撃を吸収したというのか。」
無傷のジャン子が体を起こし声の相手を見上げると、そこには高身長の筋肉質で肩に小さい人を乗せた男性が立っていた。
「ええ…そちらこそお怪我は」
「僕なら大丈夫。」
そう言いながら、男性はジャン子の散らばった荷物を拾い上げようとした。
「荷物、落ちましたよ。…この教科書、一冊100キログラムはあるぞ…。」
ジャン子の師匠であり、拳法の使い手でもあるおじいさんが、日頃から鍛錬を怠らぬようにと持たせた特殊樹脂製の教科書なのだ。
「すみません、急いでるので!」
ジャン子は男性との衝突に何やら運命的な物を感じつつも、迫り来る時間に焦り、荷物を受け取ると足早にその場を去った。
「なんてスピードなんだ。この俺でも動きを目の端で捉えるのがギリギリだ。」

5 名前:レモンハート

2018/06/19 (Tue) 10:29:04

チャット民が大好きなノリの桃太郎

あるところに爺★管理人と、婆★副管理人が住んでいました。
2人は団子屋を経営しており、利用者を募集していました。
「お客様募集中!雑魚はくんな。」
そう書かれた宣伝チラシをあちこちへ貼り付けてはいましたが、2人はほとんど居眠りや他の作業をしていて、常に店は放置していたので誰も来店しません。
そんな中、次第に2人の間の会話は減り、短い返事を交わすだけのテンプレートと化していました。
ある日、爺★管理人は山へ芝刈りに来た新参を叩きに、婆★副管理人は川へ気に入らない人の個人情報を流しに出かけました。
婆★副管理人が情報を漏洩していると、川上から大きな何かが流れてきました。
よく見るとそれは桃だってはっきりわかんだね。
「やったねたえちゃん!」
桃を手に入れた婆★副管理人は、家へ持ち帰って爺★管理人と一緒に中の情報を割ることにしました。
すると、中からは小さな男の子が出てきたので2人は「桃太郎★住民」と名付けました。
すくすく育ちいつのまにか団子屋の古参になっていた桃太郎★住民は、すっかり爺と婆の性格に感化されていました。
ある日、成長した桃太郎★住民は爺と婆にこう言いました。
「なんか鬼ヶ島でイキがってる鬼がいるから叩いてくるわww」
旅立つ桃太郎へ、爺と婆はきびだんごを渡しました。
桃太郎は「鬼撲滅委員会会長」と書かれた旗を掲げ、鬼ヶ島へ旅立ちました。
道を歩いていると、一匹のメスの馬がやって来ました。
「桃太郎さん、新参ですがきびだんごをいただけたらお伴します♪」
馬を仲間にした桃太郎ですが、実はオスだということが分かったので徹底的に叩いて追い出しました。ついでに、たまたま手に入れた顔写真をあちこちへばら撒きました。
続いてやってきた犬、猿、雉をお伴にし、ようやく鬼ヶ島へ到着した桃太郎は、穏やかに談笑する鬼達の中に割って入りながら煽ります。
「鬼のくせにイキがってんのはどいつかな?今から潰してやりますww」
宣戦布告する桃太郎に、犬、猿、雉はとことん媚びました。
「桃太郎さんカッコいい」
「お前ら桃太郎さんに勝てると思う?」
「こいつら調子乗ってるからやっちゃってくださいww」
鬼はすぐさま桃太郎たちを追い返し、入り口を閉鎖しました。
しかし、桃太郎たちはプロキシと呼ばれる独自のルートからしつこく乗り込み、罵声を浴びせます。
荒らす桃太郎たちに耐えかねた鬼は、鬼ヶ島を撤退しどこかの島にひっそりと逃げ込みました。
桃太郎たちは見事鬼達を叩き潰し、悪を懲らしめるヒーローのような気分に酔いしれました。
家へ帰り、入手した個人情報を晒しながら浸り顔で幸せに暮らしましたとさ。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:
    • タイトル:
    • 名前: E-mail(省略可):
    • 画像:
Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.